おもちゃサブスクで遊べる知育玩具の効果

おもちゃサブスクの特徴として、通常のものではなく知育玩具をレンタルすることができるという点が挙げられます。おもちゃサブスクで遊べるおもちゃは、子供の月齢・年齢で脳の発達を促すことのできるものを提供しています。0~1歳ごろは視覚や聴覚などが発達してくるため、これら五感を刺激するものが用意されています。握って持つと音がなるラトルや見て触って五感を刺激する布絵本、ベビージムなどが用意されていて1歳になると手足・指先の動かし方を学び始めるため、ピックアップパズルや型はめなどで自分の行動で結果を楽しめるものなどが提供され、結果が出せるもので遊ばせることで集中力などを身につけられます。

2歳だと手首・指先の動作を生かした遊びなどを取り入れるほか、言葉の成長が著しい時期ですのでおままごとや楽器系の音が鳴るもの、言葉遊び系のものを与えることで言葉の成長をより促せます。3歳になると記憶したり、展開を考えるなどの思考の結果で行動できるようになってきます。そのため反復や記憶学習の基礎を作れるようなおもちゃが良いとされていて、ごっこ遊びで想像力を養ったり、手で作り上げることのできる積み木やブロック、粘土などは手先を鍛えるだけではなく、創意工夫をするという力につながります。サブスクはレンタルだから衛生面などが不安という人もいますが、基本的に食品衛生法に基づいた衛生管理でしっかり洗浄・除菌・殺菌して貸し出されているため安心です。