生後半年を過ぎたらおもちゃのサブスクを利用しよう

数多くのおもちゃのサブスクを利用できるサイトが増えてきていますが、多くは生後3ヶ月から半年ほどから利用を始めることができます。生後半年を過ぎると、だんだんとお座りをすることができるようにもなり、目で見えるものに反応するようにもなります。いないいないばあをしてあげると喜んだり、おもちゃを見て手を伸ばす姿が見られるかもしれません。ものを口に入れ確かめようとし始めるのもこの頃です。

7ヶ月を過ぎると、早い子であればはいはいをするようにもなります。好奇心の対象が広がり行動もどんどん活発になります。手の発達もさらに進んでいきます。見たものに対し行動ができるようになるなど、資格と行動のつながりもはっきりすることでしょう。

手の発達が進んで行動が繋がったら、おもちゃのサブスクで自分で持ち音を出せるような感覚がぴったりです。楽器系の玩具は押したり吹いたりすることで音が出る関係にも傷食うことができぴったりと言えるでしょう。10ヵ月ごろになるとハイハイや後追いなどで移動ができる子が増えてきます。中にはつかまり立ちやつたい歩きができるようになる子供も出てきます。

細かい手の動きができるようにもなり、積み木と積み木を打ち合わせる、物の出し入れをするなどの姿も見られます。手を細かく動かせるようになってきたら、おもちゃのサブスクで手で動きをコントロールできる玩具で楽しく遊ぶことができるでしょう。特に指先を使うものはオススメといえます。