おもちゃをサブスクで利用しよう

おもちゃは、子どもの肉体的・精神的な成長に欠かせないものです。知育玩具は幼児期の知能の発達に役立つと言われていますし、ジャングルジムや滑り台は平衡感覚や掴む力を育みます。またどんなおもちゃであれ、お父さんお母さんと一緒に遊んだり兄弟やお友達と一緒に使うことで、愛情を感じて自己肯定感が高まったり、優しさや協調性などが育ちます。ただ、子どもの成長は早く、保護者の悩みとして、せっかく買った玩具がすぐに対象年齢を外れてしまうことがよく聞かれます。

そこで、おもちゃのサブスクのサービスを利用することを考えても良いでしょう。サブスクとはサブスクリプションの略で、定期的に一定の金額を支払うことで、その時の対象年齢に沿った玩具が運ばれてきて、古いものは回収されます。サブスクのサービスにもよりますが、例えば「知能を伸ばしたい」「肉体的な発達を伸ばしたい」といった保護者の希望に沿った玩具を送ってくれるところがあります。また、一度送ったおもちゃに関して子どもが気に入ったか・気に入らなかったかのアンケートを記入することで、次に運ばれてくる玩具に反映されます。

これらのおもちゃは多くがレンタルで、回収されるたびにしっかりと消毒されますが、サービスによっては買取も可能です。激しく損傷させて買取させるというよりも、子どもがその玩具を気に入って、これでまだしばらく遊びたいと考えたとき、買い取って手元に残せるので安心です。おもちゃのサブスクのことならこちら