おもちゃのサブスクで発達を促そう

おもちゃのサブスクで知育玩具をレンタルしたからといって、ただ渡すだけでは効果が得られにくい可能性も考えられます。おもちゃのサブスクで知育玩具が届けられたけれども、本当に必要なのかと思っている場合には、一緒に遊べていないのかもしれません。共働きや家事等で日々忙しく、一緒に子供と遊ぶのはなかなか難しいかもしれません。しかし自分が遊べない時であっても、その他の人たちに頼むだけでも、子供の発達は大きく変わるのです。

おもちゃのサブスクでレンタルした知育玩具を使って、まずは子供と一緒に遊ぶ事から始めましょう。これだけでも効果は全く違います。子供がすくすくと成長していくために最初に必要なものは、愛着の形成です。保護者でも祖父母でも、信頼しあえる関係を作ることが何よりも重要です。

この土台がしっかりしていなければ、他人と遊ばなくなったり、不機嫌になってしまうのです。おもちゃのサブスクで借りることができる知育玩具は、子供がはまりこみやすいものとなっています。一緒に遊ぶ間弁をたくさん作ることができるでしょう。まずは子供が遊んでいる場所に近づき、一緒に遊びに混ざってみることから始めましょう。

そして子供と一緒に遊んでいく中で言葉がけをすることも重要です。遊んでいることの楽しさや使っているものの色など、子供に対してどのような言葉でも良いので話しかけましょう。言葉の発達は言葉がけは欠かすことができません。知育玩具で遊んでいる時であれば、楽しい、面白いなどの感情が出て来やすくなります。

柔らかい、赤いなどの感覚も覚えやすい場面を作ることができるでしょう。一緒に遊びながら言葉がけをすることで、その言葉と物を一致させることができるのです。